車いじりで電工ペンチを選ぶならこれ以外の選択肢無し!

車に電装品を取り付ける、断線の修理をするなどの際に必ず必要なのが電工ペンチです。これまでかなりの数の電工ペンチを試してきましたが、ドンピシャでこれ!といったものに出逢うことはありませんでしたが、すごい一本が見つかりました。

世のほとんどの電工ペンチは「どこかが不足している」ものばかり

私はこれまでセット物から始まって、結構あちこちでおすすめと書かれているエビも買いましたしフジ矢も使った、さらに他の安物にも手を出しましたが全て帯に短し襷に長しといった感じで「このペンチはここがいいけどこれがダメ」「これには使えるけどこれはカシメれない」など、これまで完璧なものはありませんでした。

自宅の「とりあえずあればなんとかなる2軍ばかり入った工具箱」に入れている電工ペンチがこれです。

色々な電工ペンチを試し始める前まではこれをメインに使っていました。恐らくセット商品に入っていたものだと記憶しています。とりあえず一通りの機能が揃っているのですが、どれもこれも中途半端、とにかく精度が低いんです。

良い電工ペンチを使うまでは全く「使いにくい」なんて意識はなかったのですが、一度良いものを使うとその差にかなり驚きます。カシメはめちゃくちゃ綺麗にカシまるし、力もそんなに要らないし、ニッパー(ワイヤーカッター)で切った断面も綺麗だしと驚くことばかりでした。

ですが「これいいな!」と思っても「このターミナルがカシメれないから別の工具が要る」って感じで、車で主に使用する全てのターミナルやカシメに対応しつつ、使いやすい電工ペンチって、意外と無いもんなんですよね。

エンジニア製が販売されていた

基本的に工具が好きですから、時々新製品を見たりするのですが、電工ペンチに関してはもう探し切った感がありましたので全然検索していませんでした。ですが知らないうちにエンジニアが電工ペンチを製造していて、かなりびっくりしました。

これは使ったことがない物を紹介することになりますが、もうまさにこれ一本で全部カバーできる!という素晴らしいものです。

エンジニアの「鉄腕ハサミGT」、このサイトでは何度もイチオシで紹介していますが、エンジニアの製品はほんとに素晴らしいものばかり。

そのエンジニアが出した電工ペンチがこれです。

エンジニア PA-01

これから電工ペンチを買われるって方は、もう間違いなくこれ一択です。また「今持ってるのがなんか使いにくいんだよな」と思っている方もこれに買い換えて今使ってるのを2軍に回すと良いです。とにかく他はもう見なくていい、見る必要がないほど素晴らしい電工ペンチです。

この電工ペンチのどこが素晴らしいか

見た目にはどの電工ペンチもほとんど変わらないように見えると思いますが、この電工ペンチが他の電工ペンチと一体どこが違うのか、なぜこれ一本でOKと言えるのかを説明しますと、

ワイヤーカッターが先端部

これ結構大事なんですよ。私はそれだけのためにエビの電工ペンチを買いましたから。それくらい大事です。

セット物(収納ケース付きでギボシ端子も同封されてる)で売られているタイプのほとんどが、ワイヤーカッターが「にぎりの部分の直前」にあるものが多い。これは「束になっていない配線処理」をするには便利なのですが、束になった配線の中の一本に対して作業をする際は全く使い物になりません。このせいで電工ペンチが手元にあるのに、配線を切るだけのために別でニッパーを用意しないといけなくなります。工具を紛失するリスクもありますし、とにかく持ち替えがめんどくさいんです。この電工ペンチは先端部がニッパーと同じでワイヤーカッターになっていますので、持ち替える必要がありませんので非常に便利です。

カシメれる種類が豊富

食わせるタイプや潰して締めるタイプ、とにかく車の配線で使うカシメは全て対応していますし、家庭用の配線に多い絶縁端子のカシメにも対応していますから、これ一本あればほぼ全ての配線作業に対応しています。

パワーが必要な部分は先端部に集約されている

これはさすがエンジニアだと思ったところですが、力が必要と言いますか、しっかりカシメないといけない部分は全て先端に集約されています。グリップからヒンジまでの距離がありますので、てこの原理が働いて圧着タイプのカシメであったとしてもこのペンチでやれば、かなり楽に出来るのは構造を見ればわかります。

実際そんなに高いわけではない

実売価格は4000円以下ですから、正直ほかの電工ペンチの倍くらいの値段なんですが性能を考えるとかなり安い工具だと思います。エビでも1500円くらいはしますし、フジ矢でも同じような値段です。それで使いにくい、それだけでは足りないから別の一本が必要となるのは必須ですから、一本でほぼ全てを賄えるこの工具は全く高いとは思いません。

ワイヤーストリッパーの切れ味

使ったことがないくせにこれを書くのはおかしいのですが、まぁ、エンジニアの商品だと刃物の刃の部分に関しては信用しても大丈夫でしょう。

ただ、ワイヤーストリッパーに関しては「束になっていない単線」には使いやすいかと思いますが、配線の束から一本を選んで一部を剥がす作業には向きませんね。基本的にカシメ作業をする道具ですから、そこまでを求めるのか酷と言いますか無理があるのですが。

ワイヤーストリッパーに関しての記事は以下です。

おわりに

これまで散々試した電工ペンチですが、これを見た時に「もっと早くに出してくれてたら。。。。」となりました。現時点で3本は所有しているのでこれ以上増やしても仕方ないですし、もう現場作業はしていないので必要ありませんが、これから買うなら、もっと良いものを探しているなら間違いなくこれを選ぶべきですね。

持っている人が羨ましいと思える道具ですよ。