運転免許の違反点数は「引かれない」のが正解です

紙幣を持つ男性

車やバイクの運転をしていて捕まった際、誰かに話したくなるのが常だと思いますが、そんな話を聞く側の立場に立った際によく聞くのが「こないだ〜の違反で〇〇点引かれたー!」という表現ですが、果たしてそれは正しいのでしょうか?

違反点数は減点方式ではなく累積方式

ここを勘違いしている人が意外と多いと感じますが、違反した際の点数の計算方式は累積、つまり加算していくのが正しい計算方式です。

この点数制度を採用したのが昭和44年10月から採用されているようです。

点数制度とは、自動車等の運転者の交通違反や交通事故に一定の点数を付けて、その過去3年間の累積点数等に応じて免許の停止や取消等の処分を行う制度です。

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/torishimari/gyosei/seido/gyosei15.html

このように、累積される点数は3年間の合計となりますが、最後の違反から1年間無事故無違反、2年間無事故無違反の方には優遇措置があります。

  • 1年間、無事故・無違反の方
     免許停止期間や免許が失効した期間を除き運転可能な期間が、前の違反と後の違反までの間が1年以上無事故・無違反・無処分である場合に限り点数は累積されません。
  •  2年間無事故・無違反の方
     2年以上無事故・無違反・無処分で、1点、2点又は3点の違反行為をし、その後3か月以上無事故・無違反で経過したときは、その点数は累積されません。

ただし、この場合であっても、この点数は消えるのではなく、違反歴として残っています。

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/torishimari/gyosei/seido/gyosei15.html

これを見ると、一度違反をしてしまったら、とにかくその先最低1年間は違反をしないように細心の注意を払う必要があることが分かります。

昔は私も勘違いしていた

免許を取りたてホヤホヤの頃、先輩方の話を聞いてそのままそれが正しいというか、疑いも持たずに信じていたので後で気付いてびっくりしました。

昔は「満タン(違反歴なし)が15点、そこから違反をすれば減点されて15点になったら免取り(免許取消処分)」と完全に思い込んでいました。

ですがよく考えたら、15点の持ち点を失ったら免許取消処分というのはおかしな話ですね。ひどい違反の場合は複合的にいくつもの違反が重なるケースが多いのではないかと思います。

例を挙げてみると、例えば過去に目撃した事があるパトカーから逃走中の車などは

  1. 速度超過
  2. 信号無視
  3. 一旦停止無視

このように、複数の違反を同時にしながら逃走しているのでは?と思いますし、よくある酷い話の飲酒で人身事故などのケースは

  1. 酒酔い運転
  2. ひき逃げ(救護義務違反)
  3. 速度超過
  4. 信号無視

などが重なるケースになるのでは?と想像します。

これらのように複合的に違反を重ねたとしても、均等に15点引かれて免許取消処分なんて制度だと、あまりに不平等な気もしますね。

制度的には理に適っている

前述のようなパターンを考慮した場合、累積方式をとる免許制度は理に適っているのではないかと私は思います。

次項の交通違反の点数一覧表を見るとよく分かりますが、違反の点数は高いものだと35点なんてのも存在します。

交通違反の点数一覧表

以下の表が交通違反の点数一覧表です。

違反行為の種別点数酒気帯び点数
0.25未満0.25以上
酒酔い運転35  
麻薬等運転35  
共同危険行為等禁止違反25  
無免許運転252525
大型自動車等無資格運転121925
仮免許運転違反121925
酒気帯び運転0.25以上25  
0.25未満13  
過労運転等25  
妨害運転著しい交通の危険35  
交通の危険のおそれ25  
無車検運行61625
無保険運行61625
速度超過50以上121925
30(高速40)以上50未満61625
25以上30(高速40)未満31525
20以上25未満21425
20未満11425

積載物
重量制限超過

大型等10割以上61625
大型等5割以上10割未満31525
普通等10割以上31525
大型等5割未満21425
普通等5割以上10割未満21425
普通等5割未満11425
放置駐車違反駐停車禁止場所等3  
駐車禁止場所等2  
保管場所法違反道路使用3  
長時間駐車2  
警察官現場指示違反21425
警察官通行禁止制限違反21425
信号無視赤色等21425
点滅21425
通行禁止違反21425
歩行者用道路徐行違反21425
通行区分違反21425
歩行者側方安全間隔不保持等21425
急ブレーキ禁止違反21425
法定横断等禁止違反21425
追越し違反21425
路面電車後方不停止21425
踏切不停止等21425
遮断踏切立入り21425
優先道路通行車妨害等21425
交差点安全進行義務違反21425
横断歩行者等妨害等21425
徐行場所違反21425
指定場所一時不停止等21425
駐停車違反駐停車禁止場所等21425
駐車禁止場所等11425
整備不良制動装置等21425
尾灯等11425
安全運転義務違反21425
幼児等通行妨害21425
安全地帯徐行違反21425
騒音運転等21425
携帯電話使用等(交通の危険)61625
携帯電話使用等(保持)31525
消音器不備21425
高速自動車国道等措置命令違反21425
本線車道横断等禁止違反21425
高速自動車国道等運転者遵守事項違反21425
高速自動車国道等車間距離不保持21425
車間距離不保持11425
免許条件違反21425
番号標表示義務違反21425
混雑緩和措置命令違反11425
通行許可条件違反11425
通行帯違反11425
路線バス等優先通行帯違反11425
軌道敷内違反11425
道路外出右左折方法違反11425
道路外出右左折合図車妨害11425
指定横断等禁止違反11425
進路変更禁止違反11425
追い付かれた車両の義務違反11425
乗合自動車発進妨害11425
割込み等11425
交差点右左折方法違反11425
交差点右左折等合図車妨害11425
指定通行区分違反11425
交差点優先車妨害11425
緊急車妨害等11425
交差点等進入禁止違反11425
無灯火11425
減光等義務違反11425
合図不履行11425
合図制限違反11425
警音器吹鳴義務違反11425
乗車積載方法違反11425
定員外乗車11425
積載物大きさ制限超過11425
積載方法制限超過11425
制限外許可条件違反11425
牽引違反11425
原付牽引違反11425
転落等防止措置義務違反11425
転落積載物等危険防止措置義務違反11425
安全不確認ドア開放等11425
停止措置義務違反11425
初心運転者等保護義務違反11425
座席ベルト装着義務違反11425
幼児用補助装置使用義務違反11425
乗車用ヘルメット着用義務違反11425
大型自動二輪車等乗車方法違反21425
初心運転者標識表示義務違反11425
最低速度違反11425
本線車道通行車妨害11425
本線車道緊急車妨害11425
本線車道出入方法違反11425
牽引自動車本線車道通行帯違反11425
故障車両表示義務違反11425
仮免許練習標識表示義務違反11425
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/torishimari/gyosei/seido/tensu.html

なんだか免許取り立ての頃よりも項目が増えて各違反の名称が細かくなっていってる様な気がしますね。それだけ違反も多様化、道路交通事情も変化してきたという事でしょう。

反則行為の種別及び反則金一覧表

反則金については長くなりそうなので、以下リンク先を参照にしてください。

過去数年間の違反歴を忘れてしまった方

普段は安全運転、めったに切符は切られないよってタイプの方は、最後に違反をしたのがいつだったか思い出そうとしてもなかなか出てこないのではないでしょうか。

そんな時は、申請すれば過去の履歴を手に入れることができます。

過去に一度だけ申請したが

実は、私はかなり前に一度だけ運転記録証明書を申請した事があります。これが何故申請したのか全く記憶にないのですが、恐らく勤め先に提出するように言われたとかそんな理由だったような気がします。

ですからどこで申請したのかすら覚えていません。受け取ったのは確か郵送で申請から数日経過した後に届いた記憶があります。

個人の運転履歴、経歴に関する証明は自動車安全運転センターが管理しているらしく、以下の4つの証明書が入手出来ます。

  • 無事故・無違反証明書
  • 運転記録証明書
  • 累積点数等証明書
  • 運転免許経歴証明書

気になる方は一度入手されると良いかと思います。

詳細は以下サイトにてご確認下さい。

おわりに

一度取得すると、自主返納するか死ぬまで使うのが運転免許ですね。急いでいるときなどはどうしても飛ばしがちになるのが人間だと思います。

免許証を失わないがために安全運転をするのはちょっと違うと思いますが、他人を傷つけない、自分も傷つかない、免許証もゴールド免許で過ごすにはやはり安全運転が第一ですね。

ちょっと心のゆとりがあれば、速度超過の高い反則金を払わずに済みます。安全運転をしているから絶対に事故しないなんて事はありませんが、安全運転を心がけていると交通事故のリスクは必ず下がります。

皆さん愛車を大事に、免許証を大事にカーライフを楽しんで下さいね!